ストリップららばい 桜ともえ

大衆的娯楽と考えられている「ストリップ」。踊り子と呼ばれる女性達が音楽に合わせて服を脱いでいくさまを見せる出し物であり、風俗産業の一種とも呼ばれている。男性なら一度くらいは足を運びたいと思っていても、一度もストリップという踊り小屋に足を踏み入れたこともない輩も少なくはないはず・・・。
元踊り子である桜ともえが、踊り子の視点からそのストリップの世界をご案内。昔、足を運んでいた常連の人もお立ち寄りください。

■第8話 引退 NEW!
■第7話 チョット脱線
■第6話 従業員との思い出
■第5話 15分
■第4話 お客
■第3話 女の園
■第2話 ポラロイド
■第1話 はじめまして

2012年02月05日

第5話 15分

4話まで読んで下さった皆さんの感想は、一体どんなものなんだろう、、、?

少しでもストリップを身近に感じてもらえてるといいな。



今回は私たち踊り子の持ち時間についてです。

普段何気なく過ぎていく、15分という時間。



その中で踊り子は、どんなメッセージを込めてステージを創っていくのでしょうか、、、。



私が現役の頃に感じた事と、引退してから「お客」として観た光景を、照らし合わせながら書いていきたいと思います。




先ずは舞台構成ですが、衣装や選曲など外見を考えたりしていました。どんなジャンルの「起承転結」にしていくか、という事です。振り付けの先生に依頼した
り、自分で振りを考えたり、どちらでも構いませんが、先生に依頼をすると1曲あたり2万円程かかるので、新人のうちは依頼、少し慣れてくると姐さんのス
テージをお勉強させてもらいながら自分で考えていくケースが多かったと思います。



少し脱線しますが、振り付け師の先生の正体って、、、気になりませんか?




某有名ミュージカルに出演しているダンサーさんであったり、有名歌手のバックダンサーだったり、いわゆる「副業」の方が多かったです。踊り子を引退した姐
さんが、その経験をもとに新人の踊り子に振り付けをしてあげる事もありました。



話を戻します。まず導入の『起』例えば、「おかし系アイドル」とか「和物」「ラテン」「清純派」etc、今回はコレ!という直感のもとイメージを膨らませていきます。正直、ちょっと妄想が入ります(笑)




特に1曲目の出だしはお客さんにインパクトを与える大切な時間なので疎かには出来ません。ベット曲に繋いでいくためのプロローグ、とでも言いましょう
か、、、。カレシと会う時間を割いてでも演目を考えます!お客さんを魅きつけられるよう、小道具や空間さえもうまく利用します。実際に姐さんのステージを
お勉強してきた中で印象的だったのは、特注の豹のお面をかぶり、ステージをジャングルに見立て女豹になりきり、客席間近でゆっくり踊ってリアルさを出した
り、「うる☆やつら」の○ムchanに変装、これまた特注の緑のウィッグにつのを付けていたり、おかし系アイドルをイメージした姐さんは、小道具で使用し
たアイスをベット曲では一変、一物に見立てて舐めきったりと、踊り子一人一人の個性が感じとれる特別な時間でした。



1日4公演、10日間で計40ステージをこなします。

踊り子自身が飽きてしまうとお客だって飽きてしまう。



だからステージの内容には皆こだわりをもち、自信をもって踊っていた様に思います。



2曲目の『承』

衣装は、薄く軽やかな感じになります。

大体がこの2曲目で、少しずつ衣装を外していくんです。

激しく踊りながらも、ゆっくりネックレスやヘッドアクセを外します、、、。

急がず、慌てず、極力ゆっくりと、、、。



3曲目『転』

メインのベット曲に入ります。

シースルーの薄い衣装や襦袢を纏い照明もダンス曲とは異なりピンクになります。

ゆったりした曲の流れに合わせ、衣装を脱ぎショーツをずらし、曲の後半で

ヌードになります。



ショーツはゆっくりと時間をかけ、音楽に合わせて手に巻き付けます。

この時の照明のピンク色は本当に艶かしく、昭和の香りがした事を今でもハッキリと記憶しています。

日本らしさが垣間見える時間となるでしょう。



踊り子の裸体がほんのり桜色に照らされ、ステージ中央の盆がゆっくりと回転し、胸や背中を伝う汗を間近で見、何と表現したら的確なのか迷う程「美しい」光景です。

「いやらしい」とか「エロイ」なんていう域を遥かに超えているように思えました。

私自身、この時間が一番好きでした。



「踊りでキメる」のではなく、「脱いでキメる」のです。

ファッションモデルのように洋服やアクセサリーを見につけてキメるのではなく、一糸纏わぬ状態になった時、初めてキマるんです。



4曲目『結』

普通に解釈したら「オチ」と言うのかもしれないけれど、ステージの締めくくり、言わば仕上げです。

踊り子は今までの緊張感から解き放たれたような感覚でしょうか、、、。

ゆっくりと立ち上がり、花道を歩きます。



いくつかの決めポーズをとり、客席からは拍手がわき上がります。

でも、最終的な思い(願い)は踊りの内容云々ではなく、

「現実を忘れるくらい見入ってもらいたい、、、」という事だったような気がします。



そして見た後の感覚は?



私個人の意見かもしれませんが、エッチした後の脱力感に似ていると思います。

ストリップを見て「楽しかった!」とか、「非現実的でおもしろかった!」


と、思うところは人それぞれだけれど、この興奮が冷めた後に残る感覚は、好きな人と肌を重ねた後のまったり感だったり、良い意味での溜め息とどこか似てい
る気がするんです。言葉では説明しづらいですが、とても「心地イイ」ですよ。



ではお客さんから見た「15分」はどんなだろう、、、?



やはり生身の女性のハダカが見られること!!かもしれません。

きっと奥さんのハダカや彼女のハダカをまじまじと見る事はできないはず(笑)

そんな事したら怒られちゃいますよね(汗)

おそらく私もキレると思います。

LIVEで女性のヌードを観察(?)出来、更に怒られない場所はストリップ劇場だけでしょう。



動画(二次元)ではなく、生で、三次元で踊り子の汗や息づかい、衣装から香る香水の匂い、そして刻一刻と変化していく表情、、、

それを肌で感じる事の心地よさに気づいた男性が、劇場に足繁く通うのかもしれません、、、。

私が現役の頃、ステージに立っている時に葛藤していた事がありました。

それは何かと言うと、、、

踊り子はどちらかというと「アート」感覚で踊ります。

一方お客の視線の先はいつでも「下半身」。

もしくはオッパイ(笑)でした。



気持ちは良く分かりますが、、、。

否定もしません。



「顔」や「ステージ全体」を見るのは二の次のように見受けられ、踊り子と

お客の方向性のズレというものを常に感じていました。

最終的に何に愉しさを求めるのか、お互いのズレは生じるのかもしれませんね。

でも、人それぞれ、踊り子もお客も自分自身が楽しめればそれで良し!

結果オーライです。

って、、、今だから言えるのかな。

あの頃はずいぶん悩んでいたっけ。



テーマパークも十分魅力的ですが、一味違った大人のファンタジーを堪能したい方、是非ストリップ劇場に足を運んでみてはいかがですか?

値段もさほど変わらず、心も身体も、そして脳も、きっと満たされる事でしょう☆
posted by 桜ともえ at 01:19| ストリップららばい