ストリップららばい 桜ともえ

大衆的娯楽と考えられている「ストリップ」。踊り子と呼ばれる女性達が音楽に合わせて服を脱いでいくさまを見せる出し物であり、風俗産業の一種とも呼ばれている。男性なら一度くらいは足を運びたいと思っていても、一度もストリップという踊り小屋に足を踏み入れたこともない輩も少なくはないはず・・・。
元踊り子である桜ともえが、踊り子の視点からそのストリップの世界をご案内。昔、足を運んでいた常連の人もお立ち寄りください。

■第8話 引退 NEW!
■第7話 チョット脱線
■第6話 従業員との思い出
■第5話 15分
■第4話 お客
■第3話 女の園
■第2話 ポラロイド
■第1話 はじめまして

2012年02月05日

第2話 ポラロイド

前回ほんの少しポラロイドに触れましたね。
実はこの「ポラロイド」非常に重大な役割をもっているんです。
1枚500円で売られているのですが、その売上金は一体どこへいくのでしょう・・・?
私たち踊り子の臨時収入!!

ではなく、これらは全て劇場収益になっています。
私たちの手元には、残念ながら一銭も残りません。

当然の事かもしれませんが、劇場側はポラロイドがよく売れる踊り子にステージに立ってもらいたいのです。

では、売れた、売れない、その境界線は?
お客さんの入り状況にもよりますが、1日4公演ですから1公演につき10枚売れたらすごい!という世界です。
1公演あたり1ケタが相場でしょう。

そのため踊り子はデビュー後しばらくすると、「ポラロイドの売上」=「人気」
という現状に直面する事になります。

踊りの内容やステージの完成度はもちろんですが、更にこの「ポラロイド」がかなり重要視されてきます。 なぜならこのポラ代が、私たちのギャラを左右する事になるので・・・。 ストリッパーになった人間は、誰もが一度は悩むでしょう。

私もその中の一人でした。

劇場側からの、見えない重圧。
言葉に言い表す事の出来ない、強いプレッシャー・・・。

持ち時間の15分を踊り終え、たくさんの拍手を浴び、笑顔で観客に手を振る。
暗転になったと同時に、急いで舞台袖へ。
衣裳をハンガーに掛けティッシュで顔の汗を拭き、素早くポラロイド用の衣裳に
着替えたら、カメラを脇に抱え小走りで再びステージへ。

この僅かな時間に、「お願い!誰でもいいからポラを買って・・・」
と、毎回早口で祈った事を、今でもハッキリと覚えています。

当時私には契約外の見えないノルマがありました。
「あなたは一日100枚ね〜。」
朝一、私は肩をトントン、と叩かれた。
劇場のママからの言葉でした。
「おはよう」とか「元気?」ではなく、挨拶代わりに告げられる、一日の売上目標枚数。

とても悔しかった。 とても苦しかった。
100枚なんて、もう、そんなのはありえない数字だと思っていたから・・・。

私は何のために踊っているの?
そんな疑問が常にありました。
と同時に、踊り子である以上、これは誰にでもついてまわってくるんだ・・・と
何度も何度も自分自身に言い聞かせていたものです。

仲のよい姐さんが、「ポラが売れなくてさー、きのうも缶コーヒー片手に夜の公園で泣いたよー。」
それを聞いたメイク中の姐さんも手を止めて「アタシは1枚も売れなかったなんて報告できないから、10枚ってウソついて、自腹で5千円渡したよ。」
慌ただしく出番を待つ姐さんはこちらを振り返り「うっそー、アタシは20枚で1万渡しといたよ。」

この手の話は自然に踊り子が集まる話題でした。
みんな、「どうすればポラが売れるの?」同じ悩みを抱えていました。
いつこの壁を乗り越えられるのか、随分長い時間を費やし悔し涙と共に考えたものです。

反面、嬉しい事もありました。
大阪九条、名古屋銀映、福岡A級小倉と旅をした先々で、一日に200枚程売れた事がありました。
しかも10日間連続で・・・。
これには自分でも、ただただ驚くばかりでした。

いつものように踊り終え、拍手を浴び、笑顔で観客に手を振る。
暗転になったと同時に急いで舞台袖へ。
衣裳をハンガーに掛けティッシュで汗を拭き、素早く着替えを済ませ、ポラロイドカメラを脇に抱え小走りで再びステージへ戻ってきたとき、そこにはいつもとは全く別の光景が広がっていたのです。

夢?現実?
長蛇の列・・・しかも、上手、下手、そのどちらにもたくさんのお客さんが
列をなしていました。

もう、それは嬉しかった。そして有り難いとさえ思った。

でもどうして売れたのか、よく分からない・・・。
ただ一つ、複数のお客さんが同じことを言いました。
「人柄がよく分かるステージだったよ。」と。
すぐにはピンとこない。

他の姐さんからは「東京以外は売れないよ」と聞かされていました。

自分に自信をもとう。
光が差し込んだ・・・そう感じた旅でした。

新宿の劇場に戻ると社長から「よく頑張ったね。新記録だって。」と声をかけられました。
心の荷が少しだけ取り除かれた瞬間です。
こんなに売っても、私のギャラが上がる事はありませんでした。
これが現実なのでしょう。

ギャラが下がらなかった事だけ感謝しなくてはいけないのかもしれません。
ものは考えよう、ですね。 どちらにせよこの「ポラロイド」、劇場側にとっても、踊り子にとっても、
無くてはならない存在なのです。

では、私たち踊り子をこんなにも悩ますポラロイド、お客さんからみたら
どんな楽しみがあるのでしょう・・・?

何と言っても、「自分で撮る事が出来る!」
お目当ての踊り子と、「直接間近で会話ができる!」
そんなところに魅力があるようです。

撮影スタイルは、お客さんが踊り子にポーズをリクエストし、自分で撮る!
カメラマン気分でしょう。距離に制限はありません。
摂写もオッケー。ツーショットもあり!!
ここまでくると、撮らずにはいられないのかもしれません。

ポラロイドなので撮影後、ハンカチなりティッシュなりに包み、20秒程手で温めると
踊り子がフワーっと浮かびあがってきます。
それを待つお客さんの目の輝き、まさに少年そのものでした。
それから、TP(タッチポラ)というものがあります。
これは人気がありました。

タッチとは・・・ポラロイドとは別に、1回500円で踊り子さんのオッパイを触れることです。
タッチありの姐さんは、踊り終わるとポラロイドカメラ+ウェットティッシュを持って
再びステージへ戻ります。
「タッチポラでーす。いかがですかー?」
とステージを歩き、控えめに手を上げているお客さんにそっと歩み寄ります。

タッチ代の500円を受け取ったあと、ウェットティッシュでお客さんの手を、
ゆっくり優しく、丁寧に拭きます。
お客さんの両手首をキュッともち、「ハイ!」と微笑むとその両手を自分の乳房へ・・・
そっと掴んでいる手を2回程回し、乳房の感触を確かめさせたあと、お客さんの両手を
離します。

私がお客だったらこの「タッチポラ」確実に手を上げるでしょう。

ちなみに、この「ポラロイド」にはいくつか種類があり、
S「ソロ」→ポラなし、踊りのみ。
P「ポラ」→一番オーソドックスなポラ。
TP「タッチポラ」→500円でおさわりOK。
AVP「AVポラ」→AV嬢によるポラ(1枚千円)

と分類されています。 更に、ポラロイド撮影の時間は踊り子と直接コミュニケーションがとれる時間でも
あったり、いかにファンかをアピールできる場でもあるため、
差し入れを手渡したり色紙にサインをお願いしたりと、
お客さんにとっても絶対に欠かすことの出来ない時間なのです。

次回は・・・踊り子の「楽屋」にスポットをあててみたいと思います。
そこはどんな空間で、一体どんな会話が繰り広げられているのか・・・ お楽しみに!

posted by 桜ともえ at 01:17| ストリップららばい