ストリップららばい 桜ともえ

大衆的娯楽と考えられている「ストリップ」。踊り子と呼ばれる女性達が音楽に合わせて服を脱いでいくさまを見せる出し物であり、風俗産業の一種とも呼ばれている。男性なら一度くらいは足を運びたいと思っていても、一度もストリップという踊り小屋に足を踏み入れたこともない輩も少なくはないはず・・・。
元踊り子である桜ともえが、踊り子の視点からそのストリップの世界をご案内。昔、足を運んでいた常連の人もお立ち寄りください。

■第8話 引退 NEW!
■第7話 チョット脱線
■第6話 従業員との思い出
■第5話 15分
■第4話 お客
■第3話 女の園
■第2話 ポラロイド
■第1話 はじめまして

2012年02月05日

第1話 はじめまして

皆さんはストリップを観に行った事はありますか?
 
聞いたことはあるけど、実際に入った事は事はないな・・・とか、
何となく入りづらい・・・だって一応風俗でしょ?
という方が多いかもしれませんね。

これから、私の記憶をたどりながら、ストリップとはどんなショーなのか、どんな魅力があるのか、一緒にイメージを膨らませてみませんか? 

元踊り子からみなさんへ、劇場の世界へご案内します。

私は専門学校を卒業後ストリップ業界に飛び込んだのですが、
様々な女の子たちが、この業界に多数いたことを思い出します。

例えば、カレシの借金の保証人になってしまった、とか、親の経営する会社が倒産し、早く借金を返済したい、家庭環境が悪くヤケになったとか、留学する費用 を早く貯めたい、キャバクラにスカウトマンが来て、巧みな話術に乗せられた・・・等。早い話が「ワケアリ」という事です。
逆に、ごく普通の環境で育った踊り子を、私は見つけることはありませんでした・・・。 

特別な夢もなくストリッパーになったけれど、お金を貯めてネイルサロンのお店を開業した、という姐さんもいます。

100人いれば100通りの事情が、ドラマが、そこにはありました。

私の場合は・・・
深くは触れられないけれど、知り合いに劇場の関係者がいた為、興味本位で見学させてもらった事がきっかけでした。

どんなジャンルの踊りでも好きだった私は、瞬く間にストリップの世界観に魅了され、 女性って、なんて美しいんだろう・・・
どうしたらこんなに官能的になれるの・・・?
そんな第一印象をもちました。
あの時の光景や気持ちは、これから先何年経っても色褪せることは無いでしょう。
こうしている今も目を閉じると、記憶が鮮明によみがえってきます。 

では、ストリップ劇場がどんな所なのかを簡単に説明していきましょう。

まず、お客さんからは見るだけ、になりますが、風俗です。
風俗と聞くと深夜というイメージが強いかもしれませんね。
開演時間は10:00、0:00には閉演です。
意外とマジメな風俗でしょ? 

入場料金は3千円〜5千円程。
GW、お盆、年末年始etc・・・特別に興行が行われる時はもう少し高めです。
どの劇場も学割・朝割・夜割・シルバー割のサービスがあります。
更に女性料金なるものを設定している劇場もあるので、風俗にしては意外とオトクかもしれません。

女性は入りづらい、入れてくれるの?と思うかもしれませんが、
何の問題も無く余裕で入場できます。
例えて言うなら・・・ジャニーズのコンサートを男子が観に行く、そんな感覚かな。 

それと、映画館のように入れ替え制ではないので一日中出入りが自由!
これをお目当てに、平日・休日関わらず、開演前から並んでいるお客さんも
決して珍しくはありません。 

それでは、会場の中は一体どうなっているのでしょう・・・
広さは小さなライブハウス、といったところです。
まずステージがあり、その中央から花道が延びています。
アルファベットの「T」字だと思ってください。
花道の先端にはポールがあります。
ステージと花道を囲うように客席が40〜50席くらいあり、+立ち見で50人も入れば超満員。 

ステージと客席は、驚く程至近距離です!
客席から手を伸ばせば(ゼッタイにやってはいけません!)踊り子に触れられる近さ。
ストリップが初めてでドッキドキの方はかぶりつき(最前列)より少し後ろの席をオススメします。
もう見たことのある経験者!躊躇せずにどうぞかぶりつきでご覧ください。
30センチ先には踊り子の官能的な裸体が・・・
ナマ唾ゴックン、美しい身体をガッツリ見て、大人のファンタジーを心置きなく堪能
してください!

こんな機会、他では味わえませんから。
私が保証します。 

続いてステージ進行、ショーは1日あたり4公演。
4公演共同じ演目です。 

7人の踊り子が順番に出て踊り、一人当たりの持ち時間は約15分。
ではその内容は・・・? 

ダンスショー2曲(2曲目の最後でトップレス)
ベッドショー2曲(脱ぎ+ポーズ)orオナニーショー(脱ぎ+曲に合わせてオナニー)
ポラロイドショー(写真撮影やお客さんからのプレゼント・差し入れを手渡す時間)
オープンショー(最後に場の空気を温め下半身オープン)

以上で1セットです。
×7人を1日4公演。
これを10日間行います。

踊りの後はポラロイドタイムがあり、お客さんがカメラマン、
踊り子に好きなポーズをお願いし撮影する事ができます。

興味が出てきた方の為に、少しだけ説明しましょう。
ポラロイドショーはステージ上で行われるので、買う人も買わない人も、その様子を見ることが出来ます。

初めて見る人は唖然とするかもしれません。
が、そのうち「あ、こういうものなのか・・・」と思えるでしょう。
お客さんが「Lで!」とか「Mオープンで!」と注文をします。
「L、Mって一体何??」と感じるかもしれません。
何かのサイズではなく・・・どこまで詳しく書いたら良いのか悩みますが、
ある部分が見えるポーズなんです。
あ、18禁かも!ごめんなさい。

主なポーズに「L、M、V、カエル、バック」があります。
これ、みんな足の形です。
チョット想像力を働かせてみてくださいね。

スーツをビシッと着たナイスガイではなくナイスミドルが、
「Lオープンで!」とか「バックで!」と言っている様は実に切ないです・・・。
家で奥さんや子供に哀しい扱いを受けているの・・・?
なんて余計な心配をしてしまいます。 

バックショットって・・・顔が見えないんだけどな。
きっと彼らは「顔」よりも大切なものがあったんでしょう。 

ポラロイドショーはお目当ての踊り子さんに、いかにファンかをアピールする場でも
あるので、お客さんと踊り子を繋ぐコミュニケーションツールかもしれません。

そして最後のオープンショー
踊り→ポラが終わると必ず1分程の短い曲が流れます。
何がどうオープンなのか・・・??
出来れば直接見て確かめてもらいたいのですが、あえて文章にするなら、ステージ上で
片足を上げたり、座って足を開いたり・・・お客さんに見せつける(?)時間です。
ノリの良い曲を選んでいます。

あまりマジマジ見ていると踊り子に嫌われるか蹴りを食らうかしますので、
かる〜い手拍子くらいでお願いします! 

公演のラストは全踊り子によるフィナーレ&その踊り子さんたち全員が入った合同ポラロイドの撮影会。
1枚千円です。お得感があるせいか、合同ポラロイドは単発ポラよりも人気があります。 

最後に、私たち踊り子の気になるギャラはいくらか・・・?
正直にお答えしましょう。10日間で30万円でした。相場は20〜25万円です。
今はどうかな・・・もしかしたらもう少し下がっているかもしれません。
ギャラは楽日(最終日)に劇場から受け取り、次の劇場へと旅に出ます。 

それぞれの踊り子のギャラがどのように決まるのか、先ほど説明した「ポラロイド」が
キーポイントになっています。
次回はこの「ポラロイド」について詳しくお話ししようと思います☆

posted by 桜ともえ at 01:15| ストリップららばい